17歳のチロル(ミニチュアダックス)のオムツ生活

我が家の愛犬チロルは、4月17日で17歳になりました。

顔は真っ白くなり、白内障で目も白くなりどの程度見えているのかもわかりません。


今まではトイレはいつもの所でできていたのにいつからか・・・・・

気が付けば夜のトイレが、いつもの所でできなくなってきていました、フローリングに大きなペットシートを何枚も敷いて寝るように。


朝になると、大きなペットシートはくちゃくちゃ部屋中歩き回り、ウンチを踏んでいてもう最悪状態😢😢😢

朝になると部屋の掃除とチロルの足洗いから始まり、何か手立てを考えないと私たちがまいってしまうという思いから色々対処してみました。

動ける範囲を狭くする

小さい時から自由に部屋の中で過ごさせてきていたのですが、さすがに夜だけは動ける範囲を狭くして、掃除の範囲を狭くしようとの思いから、メッシュパネルで部屋を狭くすることにしました。

リビングをソファーや家具メッシュパネルで仕切り、半分の広さにしました。

朝の掃除が本当に楽になりました。

それでも、チロルのウンチを踏んだ後の足洗いが大変です。

オムツをはかせる

だいぶ前の事なのでなぜ、なぜオムツをはかせようとしたのかも定かではないのですが大変でうまくオムツを使えなかった思いが残っていました。

しかし、今の状態ではオムツをはかせるしかない。

気がかりなことが2点あります。

オムツをしている時にウンチをしたら?

オムツをしている時にウンチをしたら、お尻についてしまうのではないか?

この点が気がかりでしたが、ウンチがお尻についてしまうことはほとんどりません。

夜も寝ているので大丈夫かと心配でしたが、ウンチをしていてもお尻に就くことはなくオムツの中にあります。

オムツがずれて脱げてこないか?

ミニチュアダックスは胴長なので、オムツがどうしてもずれてしまいます。

服を着させているのでその服に洗濯ばさみで2か所止めることに、ちょっとしたことなのにこれでズレて脱げることもありません。

こんな失敗も

ぐっすり寝込んでいておしっこをした時など、時々横に漏れてしまうこともあります。これはまれな事なので仕方ないですね!

今ではいつもオムツをはいています

最初の頃は、夜寝る時にオムツをはかせていたのですが、日中もトイレを失敗することが多くなったので一日中オムツをはかせています。

ペットシートにできなくて失敗すると、つい怒ってしまっていたのですが、フローリングの掃除をすることもなく、怒ることもなくなり楽になりました。

オムツは進化しています

今のオムツにビックリです。

ふわふわ吸収シートなので肌がさらさらしているのが一番です。

食欲もあり、たまにおぼつかない時もあるけど、歩き回れている現状をよしとしてチロルと楽しく過ごせたらと思います。