Lightning G3 Pro Pack 販売終了、「Vektor Passport(ベクトルパスポート)」を販売開始とは?

世の中の流れが早いと思うこの頃、こちらのお知らせにもビックリしました。

Lightning G3 Pro Pack は2022年11月22日を以って販売を終了いたしましたこと、ご案内申し上げます。

いったいこれはどうゆう事でしょうか?


Lightning G3 Pro Packに含まれる製品やライセンスの仕組みはそのままに「Vektor Passport(ベクトルパスポート)」として11月24日より販売開始とあります。


何がどう変わったのか気になります。

Lightning G3 Pro Pack 利用者はどうなるのでしょうか?

Lightning G3 Pro Pack を使用中の人は手続き不要で引き続きそのままご利用できるようです。

また、「Vektor Passport(ベクトルパスポート)」と同等の内容をご利用できるようです。

気になるのが「Vektor Passport(ベクトルパスポート)」の内容です。

Vektor Passport(ベクトルパスポート)とは

公式サイトの「Vektor Passportとは」には下記のように書かれています。

コピペで使える豊富なプロ品質プレミアムパターンをはじめ、WordPressテーマ・プラグインなどのベクトル主要製品・サービスを好きなだけ使える大変お得なライセンス製品です。
ライセンス1つで、ご自身で制作・管理されている複数のサイトにご利用いただけます。
ライセンス期間は 1 / 3 / 5年 から自由に選べます。

Vektor,Inc.

Vektor Passport に含まれるものは

➀プレミアムパターン使い放題
ブロックを組み合わせてデザインされた「パターン」をコピペで簡単に利用できる「VKパターンライブラリ」が使用できます。
選りすぐりの高品質なプレミアムパターンを、ライセンス期間中は何度でもご利用できます。

②プラグイン/テーマ
無料版でも十分な機能を揃えているLightningですが、有料版プラグインを使用することでコーディング不要でサイト制作未経験者でも簡単に思い通りのサイトが作れます。

③ライセンスキー
1つのライセンスで、自身のサイトをはじめ管理している複数のサイトに利用できます。

④その他得点
・フォーラムで質問できる
・オンライン学習サービス
・開発中の製品をいち早く試せる

Vektor Passport の使い方

Vektor Passport ライセンスを購入します。
ライセンスは、1年・3年・5年のサブスクリプションで販売されていますが、自動更新はされません。

テーマ Lightning無料版をダウンロード後、テーマ機能拡張プラグイン Lightning G3 Pro UnitとVK Blocks Proをインストール、ライセンスキーを設定し有効化することで使用できます。

Vektor Passport の購入について

Vektor Passportのライセンスは、1年・3年・5年のサブスクリプションで販売されています。