WordPress公式テーマ「Lightning」と「Lightning Pro」の大きな違いは

このブログは最初WordPressの公式無料テーマLightning で作成しました。そののちLightningのデザインスキンのアップデートのお知らせがあったのでアップデートしました。

なんということでしょう、デザインが崩れてしまって・・・・

何が何だかわからずに「Lightning」 の公式サイトを見ると「Lightning Pro」がリリースされたとありました。

Lightningの有償デザインスキン購入者には、無償で Lightning Pro の2019年9月末までのダウンロードライセンスを発行しています。

とあったのでさっそくLightning Pro のライセンスキーをダウンロードし、管理画面 → 外観 → カスタマイズ → Lightning ライセンスキー に入力しました。

デザインが元に戻りました、一安心です。

詳しい手順は下記をごらんください ↓↓

 

「Lightning」と「Lightning Pro」の大きな違いは

  Lightning Lightning Pro
料金 無料 有料
デザインスキンのアップデート対応 対応していない 対応している
Lightning Advanced Unit 必要 不要
VK All in One Expantion Unit 必要 必要
追加機能

・フォント設定
・Google タグマネージャー
・モバイル固定ナビゲーション
・フッターコピーライトカスタマイズ機能
・Media Posts ウィジェット
新スライダー検討用プラグイン提供開始

 

今後も無料のLightningを使用する場合は旧バージョンのデザインスキンを利用していく必要があるようです。

Lightningの有償デザインスキン購入者には、無償で Lightning Pro の2019年9月末までのダウンロードライセンスが発行されています。

こちらからダウンロードしてください。

 

Lightning 無料版からLightning Pro へアップデートの手順

《アップデートの手順》

1.Lightningの有償デザインスキン購入者には、無償で Lightning Pro の2019年9月末までのダウンロードライセンスが発行されているのでこちらからダウンロードしておきます。その時に一緒に「Lightningライセンスキー」確認し保存しておきます。

2.WordPressの管理画面 ⇒ 外観 ⇒ テーマ新規追加 ⇒ テーマのアップロード ⇒ ダウンロードしておいたLightning Proをアップロードします。

3.子テーマを使っている場合は子テーマの style.css に記述されている5行目の「lightning」を「lightning-pro」に変更します。

4.テーマはLightning Proか子テーマを使っている場合は子テーマにします。

5.WordPressの管理画面 ⇒ 外観 ⇒ カスタマイズ ⇒ 「Lightning ライセンスキー」にライセンスキーを入力して公開をクリックして保存します。

6.インストール済みプラグインより、デザインスキンの新しいバージョンへのアップデート(更新)が行えます。

 

Lightning Proをおすすめします!

無料のLightningでは今後デザインスキンのアップデートに対応していないのでLightning Proをおすすめします。

新規に有料のLightning Pro(\7,700 税込)の購入をお考えの方は、現在デザインスキンとセットで購入するとデザインスキンが通常5,500円(税込)のところ、特別割引(2,980円OFF)が適用され大変お買い得なっています。無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を同時に利用することで、柔軟なサイト作成が可能になりますぜひお試しください。

有料のLightning Proの購入はこちらからできます。

 

デザインスキンについては下記のページで詳しく書いていますぜひご覧ください。

WordPress テーマLightning(ライトニング)のデザインと機能をさらにパワーアップするデザインスキン&プラグイン一覧